カテゴリ: 民間フェリー

イメージ 1

道南自動車フェリーの愛称として3/1より
「津軽海峡フェリー」のネーミングで運航を行うことが決まったようです。
http://www.tsugarukaikyo.com/information/info090227.html
ターミナルビルの活用、ナッチャンの運航予定など景気のいい話が表明されています。

しかし、どうしてこうも突発的な感じがしないでもない気が…。
このご時世、景気のいい話は話半分に見ておこうかな。

私の仕事上こういう情報は事前に仕入れておかないと大目玉を食らいますので(;´Д`)
月曜は朝一で本社に報告だな。

イメージ 1

過日報道があったナッチャンWorldの横浜寄港について実行委員会より
正式なプレスリリースが月曜にあったようなのでメモしておきます。

1 日 時    平成21年3月1日(日)~3月2日(月)
2 場 所    横浜港大さん橋停泊「ナッチャンWorld」船内
3 主 催    函館開港150周年記念事業実行委員会
4 事業概要  
          3月1日(日) 10:00~16:00
                     船内一般公開およびパネル展示
                                      ・函館開港150周年記念事業紹介
                                      ・函館の歴史と文化等
          3月2日(月)  11:45~12:15
                 横浜・函館開港150周年交流セレモニー
                    12:30~13:00
                        記者発表・会見(セレモニー会場)
               14:00~16:00
                船内一般公開およびパネル展示
                                      ・函館開港150周年記念事業紹介
                                      ・函館の歴史と文化等
報道用資料
http://www.hakodate150.com/pdf/20090223nacyan.pdf


どっちにしても私は行けないわけですが…(´・ェ・`)

イメージ 1

12/17の記事でナッチャン復活の可能性についてちらっと書きましたが
http://blogs.yahoo.co.jp/seikan_ferry/47326843.html

ついにリベラがナッチャン復活に向けて動き出したようです。
正式リリースはありませんが北海道新聞の2/21朝刊記事にこんな記事が載っていました。

以下道新記事引用
青函高速船、再就航へ 4-9月、季節運航を検討(02/21)
 【函館】東日本フェリー(函館)が昨年十月末まで運航していた函館-青森航路の高速船を、親会社のリベラホールディングス(広島)が早ければ四月にも再就航させることで検討に入ったことが分かった。 
 同社のグループ会社の道南自動車フェリー(函館)によると、一定の需要が見込める四-九月の季節運航を検討している。一日一往復を基本としつつも、繁忙期には運航便数を増やしたい考えという。 
 同社は「正式決定ではない」としながらも、「燃油価格の下落に加え、地域から運航再開を望む声があり、前向きに検討している段階」としている。 
 運航主体は同社か、東日本フェリーのいずれかになる見通しという。 
 東日本フェリーは一昨年九月に「ナッチャンRera(レラ)」、昨年五月に「ナッチャンWorld(ワールド)」と、高速船二隻を青函航路に投入したが、燃油価格の高騰と乗船客数の低迷などを理由に、昨年十月末で終航した。

とはいえ一日一往復、正直お盆以外でどれだけの需要が見込めるか…
高速フェリーの恩恵を受けるのは築地へ向かう鮮魚などの一部だけですし
夏の間だけの運航では人員的にどうするのか、とか課題は山積みですね

イメージ 1

イメージ 2

白い船と言えば海上保安庁の船を思い浮かべる方もいらっしゃいますが
今回は文字通りの真っ白な船として「白い船」を紹介します。

東日本フェリーから運航譲渡されて道南自動車フェリーによる運航を行っている
旧・東日本フェリー組の「びなす」「びるご」姉妹ですが、先日ドック入りした
びるごの姿に違和感が…

東日本フェリーの象徴であったファンネルのコーポレートマークと
びるご建造時から長年親しまれてきたレインボーカラーが消え
かろうじてイルカマークは残っていますが、ほぼ真っ白にペイントされて
ドックから上がってきました。

東南アジアや地中海のフェリーのようなシンプルさですが
長年見慣れてきた塗装が消えたことでだんだん東日本フェリーの痕跡も薄れていくのでしょう。
恐らくびなすも売却されなければ次のドック入りで真っ白になってしまうのでしょうか…?

イメージ 1

ナッチャンWORLDは函館で緊縛プレイ続行中。
ナッチャンReraは和歌山の由良港に現在係留されているそうです。

※参照先 「紀州鉄道徒然記」さん
http://blogs.yahoo.co.jp/gomarz2000

由良港と言えばかつて「21世紀号」としての役目を終え売却待ちのひとときに
青函連絡船檜山丸が繋留されていた所でもあります。
一旦戻ってくるらしいですがreraも将来の売却に向けての準備になるのでしょうか。


道南自動車フェリーの法で動きが出たようなので夜が明けたら取材に行ってきます。

↑このページのトップヘ